新着情報

2020.01.06 令和2年松尾設計 仕事始め式実施 (年頭の挨拶文掲載中)
年頭の挨拶
 社員の皆さん、新年明けましておめでとうございます。
お正月休みは、家族や親元でゆっくり過ごしてリフレッシュされましたか? 9日間の長い休みでこれから体のリズムを取り戻すのが大変かもしれませんが、今日から業務に頑張って頂きたくお願いいたします。令和2年の年が始まります。
昨年は、5月に平成から令和へと改元が行われました。『令和』は万葉集の中にある一文『時は初春の令(れい)月であり、空気は美しく、風は和(やわ)らぎ』から取られたと言われております。これは、奈良時代の天平2(730)年大宰府で開かれた「梅花の宴」の様子を表したものだそうです。令という字は、「善い」と類似語であり、和は「世の中を平和に」の意味があると言われております。穏やかで災害のない一年を望んでおりましたが、令和元年8月九州北部豪雨や台風15号、19号により日本各地に洪水や土砂崩れ、鉄塔の倒壊などの災害が発生しました。今後も地球温暖化による気象変動に対応した新しい防災・減災対策が求められます。弊社は、建設コンサルタントとして、技術の研鑽に一層努力していかねばと思います。
スポーツでは、明るい話題が多かったと思います。「ラグビーワールドカップ2019日本大会」では、日本代表が初めて決勝トーナメント進出し、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチが掲げた「ONE TEAM」がユーキャンの新語・流行語年間大賞に選ばれました。プロ野球では、福岡ソフトバンクホークスが3年連続の日本一を達成いたしました。サッカーのギラヴァンツ北九州は、J3リーグでの優勝を決めJ2に昇格いたしました。
今年は、いよいよオリンピックが東京で56年ぶりに開催されます。カレンダーの祝日が例年とは違ってきていますので、確認をお願いいたします。
また、弊社の重要なお取引先である日本製鉄株式会社様が、4月1日より製鉄所組織の統合・再編成を実行されます。東日本製鉄所、関西製鉄所、瀬戸内製鉄所、九州製鉄所、室蘭製鉄所及び名古屋製鉄所の「6製鉄所」体制となります。更に、細やかな対応が必要となりますので、関係各部の対応をよろしくお願い致します。官公庁では、水道法の改正(令和元年10月1日実施)を受けて、宮城県で水道事業の運営権を民間に委ねるコンセッション方式導入の関連条例改正案が県議会で可決され、2022年4月から上水道と下水道、工業用水が民間で運営される見通しとなりました。今後も少子高齢化社会への対策として色々な施策や事例が出てくると思いますが、情報の収集に努めながら対応策を考えていかなければいけません。また、水道管や下水道管の老朽化対策も待ったなしの状況と思います。昨年末も含めて三年連続で北九州市内の漏水事故のニュースを見ました。なかなか進まない管更新事業ですが、建設コンサルタントとして知恵を出していかないといけません。
最後になりましたが、社員のみなさんが今年一年間、健康に元気にすごせる事を記念いたしまして年頭の挨拶といたします。
カテゴリー
pagetop

Copyright © MATSUOSEKKEI All Rights Reserved.