御挨拶

北九州市八幡東区・板櫃川上流の河内貯水池(近代化産業遺産)は、1927(昭和2)年の竣工から90余年経った今も、現役で稼働しています。
官営八幡製鐵所在職時、その設計・工事監理を手がけたエンジニアの一人が、創立者・松尾愛亮(よしすけ)です。私たちの技術の原点は、ここにあります。

1950年代(昭和25~30年)には、戦後の経済復興が加速。「豊かな生活環境」をめざして道路・港湾・上下水道・公園などさまざまなインフラ整備が計画される中、新しい時代を支える確かな技術の担い手として、私たちは誕生しました。
以来、多くの皆様に支えられ、上下水道・土木・建築分野から街づくりを支える「総合コンサルタント企業」として、堅実な事業を展開しています。

テクノロジーを人々の暮らしに役立てる。それがエンジニアリングの意味するところです。
技術改革は、まさに日進月歩。より高度に、柔軟に、多様に進化するニーズに応えるため、私たちは技術の蓄積と事業の深耕に取り組んできました。

創業以来の社是『誠実・迅速・正確』をすべての行動基準とし、「あたりまえのことを、あたりまえにできる会社」として、これまでも、これからも、信頼に応え続ける企業でありたいと心に期しています。

株式会社松尾設計 代表取締役社長 松尾 禎泰
pagetop

Copyright © MATSUOSEKKEI All Rights Reserved.